パフォーマンス改善

パフォーマンス改善の機会は業界・企業によって異なります。L.E.K.は、焦点を当てるべき改善領域、並びに改善に必要なケイパビリティを特定します。L.E.K.は業界に対する深い見識と費用対効果改善のノウハウを融合させるアプローチを採用し、非効率な業務運営の再発を防止を通じてパフォーマンス改善を実現しています。 

従って、個々の改善プログラムはクライアントのニーズや組織文化、戦略に沿って設計する必要があり、L.E.K.はこのアプローチを採用することで、1525%のコスト削減に継続的に貢献しています。

市場動向やビジネスモデルは絶え間なく進化していること受け、多くの企業は競合企業との競争により利幅の縮小や株主からの株価引き上げのプレッシャーに直面しています。このようなビジネス環境下では、コスト競争力の強化と業務効率化の徹底追及に取り組むことはもはや必須条件となっています。

企業内で推進されているコスト削減・効率改善プロジェクトは、ビジネス・ユニットを複数機能の視点に跨って(オペレーション・、バックオフィス業務など)評価し、価値創造の機会を探しています。

しかしながら、コスト削減・効率改善領域を発見し、優先順位を付けて実行に移すことは、日々の遂行しなければならない業務を多く抱えている経営陣にとっては容易なことではありません。
 

L.E.K.の戦略的ソリューション

L.E.K.は独自に確立したパフォーマンス改善アプローチを活用して、クライアント支援しています。L.E.K.の有する業界知識と業務機能改善に関する深い見識を掛け合わせて、コストダウンと効率改善プログラムの推進しています。

以下の5つの要素が、L.E.K.のコスト削減・効率改善アプローチにおける差別化ポイントです。

  • コストが全て同じではないという前提・理解 コストは自社に利益をもたらす投資ポートフォリオとして捉えて管理することが重要です。コストの中には企業の戦略を毀損することなくアグレッシブに削減可能なものがある一方で、削減することで企業戦略を毀損してしまうものも存在しています。コスト削減を推進することは、概ね正しいものです。しかしながら、戦略実行を支える中核機能には、より多くのコストを振り分けることが企業にとって大きな利益をもたらすことにつながる可能性もあるのです。
  • エビデンスベースでの意思決定:  実績や経験などに基づく意見は、問題を定義する際のファーストステップとして活用することは有用ですが、適切な解決策は本来データ(エビデンス)から導き出されるものです。L.E.K.では、このエビデンスベースでの意思決定を重要視しています。
  • 実行計画 L.E.K.は、改善機会の定義・抽出のみならず、実行計画への落とし込みを支援しています。L.E.K.には改善計画の実行を支えてきた多くの実績と経験があります。
  • 協働と挑戦の融合 L.E.K.は、計画の実行、ひいては経営目標の達成のためには、現場で実際に働いている方々との協働が欠かせないと認識しています。L.E.K.はクライアントと共に、改善計画の実行を推進します。L.E.K.は「古い思考様式」には捕らわれることなく、クライアントをリスペクトすると同時に、成果の実現に向けて真剣に挑戦させて頂きます。
  • 成功実績: L.E.K.には数多くの企業でコスト削減の変革を成功させた実績があり、1525 %のコスト削減を継続的に成し遂げています。

L.E.K.は、この強力なアプローチにて、クライアントの幅広い要望に対応しています。

  • パフォーマンス改善-クライアントのビジネス環境を踏まえ、パフォーマンス改善に寄与するコントローラブルな要因の特定
  • コスト最適化-コストの最適化実現のためシステマチックな精査の実行
  • Growth & Edge Strategy®-持続的成長をドライブするEdge Strategy®の策定
  • 組織戦略-高収益を実現する組織戦略の策定

更なる内容につきましては、英語版グローバルウェブサイトをご参照下さい。

 

続きを読む

世界の主要産業における幅広い経験と高度な専門的な知見による実用的なインサイトについて