ブランド戦略

ブランドの価値は一定ではありません。消費者の好みが移り変わり、新しいチャネルが出現し、市場の競争が激しくなるにつれ、そのブランドのパフォーマンスは変化していきます。また、業績数値は機会や課題を見えにくくする可能性があります。例えばブランドが台頭した時、それは一時的な流行にすぎない可能性があり、一方で低迷した場合は隠れた市場機会を特定できていないことが原因である可能性があります。

したがって、ブランドには継続的に注意を払う必要があります。ブランドを活気的な状態に保つためには全体的なアーキテクチャが必要です。また、リソースの割当て、競合他社に対するブランドパフォーマンスの把握、結果に対する戦略の評価、目標とする市場でのポジショニングの定期的な再評価も行わなければいけません。加えて各ビジネスの決定はブランドの価値、消費者、約束に忠実であり続けることも必要です。

L.E.K.が提供するサービス

我々はブランドのポジショニング、発展、投資を支援し、差別化と成長の促進を図ります。ブランドの情緒的要素を認識しつつブランド戦略に分析的視点を付加することで、全てのブランド、製品、販売チャネルにおいてクライアント企業の価値を最大化します。

  • ブランド全体のパフォーマンス評価
  • 各ブランドの主要な消費者セグメントのプロファイルの検証
  • 消費者の購買行動を促進する主な要因の理解
  • ブランドパフォーマンスを適正化する価格設定の理解
  • 新たなチャネルにおける成長可能性の特定
  • 個々のブランドの相対的な強みと弱点の評価

さらに、新ブランドの開発や既存ブランドの刷新に向けては以下のサポートを提供しています。

  • 各ブランドの鍵となる要素(製品構成や価格帯、ポジショニング、チャネルの可用性など)が、消費者やチャネルパートナーに対しどのように差別化されるかを立証する
  • 個々のブランドとポートフォリオ全体の成長をサポートするため、各ブランドの差別化を維持・保護する手法を特定する
  • ブランドの適切なアーキテクチャ、ブランドの役割、およびルールを決定し、ブランドポートフォリオの可能性を最大限に活用する
  • オンラインを含むすべてのチャネルにおける各ブランドのプロモーションおよび広告メッセージについて、妥当かつ最適な役割を定義する
  • あるブランドへの変更がポートフォリオ内の他のブランドにどのような影響を与えるかシミュレーションする

クライアント・ベネフィット

  • 各ブランド(またはブランドのポートフォリオ)がどの顧客に対応しているか、またそれらのブランドのポジショニングをどのようにするべきかの洞察

  • 各ブランドの相違点に関するより深い理解

  • 確固たるブランドポジショニングによる市場シェアの拡大

  • ブランド強化および財務メリット実現のための投資計画

  • 顧客およびチャネル間の整合性の強化による収益と採算性の向上

L.E.K.の実績例

  • マットレス会社のクライアントに対して、20以上のブランドのポジショニングの違いを明確化し、ブランド価値の希薄化を軽減しました。

  • 数十億ドル規模の飲料会社の水分補給ブランドに、独自のポジショニング機会を見いだすことで、消費者セグメントの適切なカバレッジ及び市場シェアの拡大を実現しました。

  • アクセサリー及びアフターマーケット用部品・サービス事業者に対し、10のブランドのアーキテクチャの合理化と明確化を行い、同社ブランド間での競争を解消し、加えてデジタルチャネルへの拡大をサポートしました。

  • フットウェアとアパレルのブランドのクライアントに対し、展開する9か国における顧客セグメントの定義、ブランド戦略の修正を行い、戦略施策の有効性の検証を行いました。

Read More

世界の主要産業における幅広い経験と高度な専門的な知見による実用的なインサイトについて

セールス・マーケティングに関連するサービスについて